NPO法人わかもののまち 役員体制

代表理事
土肥 潤也 / Junya Dohi

コミュニティファシリテーター/子ども・若者の地域参画コーディネーター

1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程 都市・コミュニティデザイン論修了、修士(社会科学)。2013年から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、YEC(若者エンパワメント委員会)代表、NPO法人Rights理事などを歴任。2015年には、若者がひとりの市民として参画する「わかもののまちづくり」を掲げ、NPO法人わかもののまちを設立(現在は代表理事)。静岡県内を中心に、わかもの会議やユースセンターの発足・運営に携わり、これまでの経験をもとに、全国各地で子ども・若者の地域参加、政治参加に関わる研修や実践支援に取り組む。2019年からは、コミュニティラボCo-℃(コード)を立ち上げ、コミュニティファシリテーターとして起業。「みんなのアソビバプロジェクト」や加賀市でのマイクロワーク(地域通貨)に関する事業など、子ども・若者を中心としたすべての人が、社会の主人公として活躍できるコミュニティづくりに取り組んでいる。内閣府「子供・若者育成支援推進のための有識者会議」構成員。

副代表理事
奥野裕太 / Yuta Okuno

1997年静岡県生まれ。静岡県立大学国際関係学部国際言語文化学科に在籍中。一回生の頃から若者の社会参画の機会、仕組みづくりを目的としたNPO法人わかもののまち静岡(現:NPO法人わかもののまち)の活動を始め、現在は副代表理事を務めている。また、団体の活動の1つであるユースセンター、「地域交流拠点 ぷらっとホームやいぱる」の運営に携わり、スタッフとして若者が地域に出ていくきっかけづくりに尽力している。

 

理事
水野 翔太/ Shota Mizuno

1994 年愛知県名古屋市生まれ。法政大学法学部政治学科卒。高校 1 年の時に COP10(生物多様性条約第 10 回締約国 会議)にて名古屋市ブース等の企画・運営を最年少で務めた後、学生 環境団体 NEO を創設。東京の大学に通いながらも愛知・名古 屋のこれからの可能性を探る「名古屋わかもの会議」を創設、総合統括を務める。中日新聞「Risa」連載を担当(2015 年度)。ハフィントンポス ト Writer。 愛知学泉大学地域社会デザイン総合研究所協力研究員。国連防災世界会議 Children&Youth フォーラム日本事務局。

理事
川中 大輔 / Daisuke Kawanaka

1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。
1998年から野外教育や不登校児童支援に取り組む市民活動に参加し、NPO法人BrainHumanity副理事長・事務局次長、社会事業家支援に取り組むIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェロー、国際青年環境NGO・A SEED JAPAN理事、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、(財)大学コンソーシアム研究主幹、神戸市協働と参画のプラットホーム協働コーディネーター、立命館大学共通共育推進機構嘱託講師(サービスラーニング担当, 任期付専任)などを歴任。
2001年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当し、2003年にシチズンシップ共育企画を設立。現在、同代表。「市民としての意識と行動力」を育む学びと参加の場づくりに取り組んでいる。
2017年より龍谷大学社会学部専任教員。2019年より放送大学客員准教授。日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長、NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、NPO法人わかもののまち理事、NPO法人こどもソーシャルワークセンター監事、NPO法人BrainHumanityフェロー、公害資料館ネットワーク監査役、サービス・ラーニング・ネットワーク運営委員、(公財)京都市ユースサービス協会企画委員、(公財)コープともしびボランティア振興財団運営委員、(公財)ひょうごコミュニティ財団専門アドバイザー、(一財)大阪府男女共同参画推進財団アドバイザーなども務める。

監事
大石 康晴 / Yasuharu Oishi