Member

役員(理事・監事)

代表理事 小野航汰

1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程 都市・コミュニティデザイン論修了、修士(社会科学)。2013年から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、YEC(若者エンパワメント委員会)代表、NPO法人Rights理事などを歴任。2015年には、若者がひとりの市民として参画する「わかもののまちづくり」を掲げ、NPO法人わかもののまちを設立(現在は代表理事)。静岡県内を中心に、わかもの会議やユースセンター、ユースカウンシルの発足・運営に携わり、これまでの経験をもとに、全国各地で子ども・若者の地域参加、政治参加に関わる研修や実践支援に取り組む。2020年に、一般社団法人トリナスを共同創業、現在は代表理事。商店街を遊び場にする「みんなのアソビバプロジェクト」や加賀市での起業家支援など、幅広く参加のデザインに取り組んでいる。内閣府「子供・若者育成支援推進のための有識者会議」構成員。

事務局長

土肥 潤也 / Junya Dohi

1994年愛知県名古屋市生まれ。法政大学法学部卒。2010年、高校1年生の時にCOP10(生物多様性条約第10 回締約国会議)にて名古屋市ブース等の企画・運営を最年少で務めた後、学生環境団体NEOを創設。2013年、大学1年生の時に愛知・名古屋の魅力や課題を話し合う「名古屋わかもの会議」を創設、現在も総合統括を務める。今までの取り組みはテレビ朝日『報道ステーション』、NHKラジオ『夕刊ゴジらじ』、BS12『夢らぼ』等の各種メディアに取り上げられるとともに、自らも中日新聞朝刊折込 環境情報誌『Risa』連載、ラジオ冠番組などで発信。JOCジュニアオリンピックカップに高校時、陸上競技で出場。

2020東京オリンピック聖火ランナー。

副代表理事
水野 翔太/ Shota Mizuno

1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。 1998年から野外教育や不登校児童支援、環境問題、まちづくり、社会事業家支援のNPOで活動。2003年にシチズンシップ共育企画を設立し、「市民としての意識と行動力」が育まれる/発揮される参加や学びの場づくりに取り組んでいる。2001年から「学ぶこと」と「社会にかかわること」の両方のおもしろさがわかる「学びのデザイン」に関心を寄せ、全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。 (財)大学コンソーシアム京都研究主幹、立命館大学共通教育推進機構嘱託講師(サービスラーニング担当)などを経て、2017年から龍谷大学社会学部専任教員。市民の社会参加や社会イノベーション実践に資する教育/研究に取り組んでいる。2019年から放送大学客員准教授。現在は他に、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長、NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、NPO法人わかもののまち理事、NPO法人こどもソーシャルワークセンター監事、NPO法人BrainHumanityフェロー、公害資料館ネットワーク監査役、ひょうご市民活動協議会(HYOGON)監事、(公財)コープともしびボランティア振興財団運営委員、(公財)ひょうごコミュニティ財団専門アドバイザー、(一財)大阪府男女共同参画推進財団アドバイザー、日本NPO学会理事なども務める。

理事
川中 大輔 / Daisuke Kawanaka

1994年生まれ。岐阜県立可児高等学校卒、新潟大学教育学部社会教育専攻卒。特定非営利活動法人みらいずworks 理事。高校時代に自らの志を確立するキャリア教育の機会に恵まれる。「子どもを取り巻く環境を豊かにしていくことで、社会に恩返しをしたい」と志した高校3年生の夏に、教育支援NPO(みらいずworks)と出会い、新潟への進学を決意。大学4年間、学生スタッフとして活動しながら、地元である岐阜県可児市で教育NPO立ち上げや、地域課題解決型キャリア教育の企画・運営等に携わる。現在は新潟県を拠点に、小中学校の探究型総合学習のコーディネートに加え、高校の「総合的な探究の時間」授業カリキュラム設計やプログラム開発、高校と地域の協働体制確立の支援等に取り組んでいる。新潟市社会教育委員。認定キャリア教育コーディネーター。

理事
角野 仁美 / Hitomi Kakuno

1974年大阪府豊中市生まれ。北海道大学工学部卒。2001年より公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会にて、勤労青少年の余暇支援業務に従事。現場で就労に関する相談ニーズが高まってきたことから、2005年より地域の定時制高校と連携し、日本で最初にユースワーカーとして学内相談業務と居場所づくりに着手。2006年厚生労働省地域若者サポートステーション事業受託。2010年さっぽろ子ども・若者支援地域協議会の設置に携わる。厚生労働省・内閣府等の委員を歴任。現在は札幌市若者支援総合センター館長として、困難を抱えた子ども・若者の相談援助と、若者の余暇活動の充実および社会参画の促進との両輪を一体的に進めていくことがテーマ。共著に「若者の貧困・居場所・セカンドチャンス(太郎次郎社エディタス)」

理事
松田 考 /Kou Matsuda

1992年青森県青森市生まれ。青森南高校、慶應義塾大学総合政策学部卒、同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、修士(政策・メディア)。NPO法人あおもり若者プロジェクトクリエイト理事長。 高校在学中にまちづくり団体「クリエイト」を創立。高校生自らが主体となって地域の魅力の磨き上げをする活動を展開した。大学入学後も後輩の支援を行う中で、まちづくりを通じた教育的価値に注目。2014年に既存の団体を改組する形でまちづくりを通じた教育を展開するNPO法人あおもり若者プロジェクトクリエイトを設立。 2014年度にはまちづくりを通じた社会教育プログラム「クリエイトまち塾」をスタート。内閣府主催「平成28年度未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」内閣府特命担当大臣表彰、住友生命主催「Young Japan Action 2015」大賞、あしたの日本を創る協会など主催「平成28年度あしたのまち・くらしづくり活動賞」主催者賞など数多くの賞を受賞。 地域づくりの分野でも、高校生による地域コミュニティカフェ「高校生カフェ」、市民とともに公共空間を共創する「あおもり駅前ビーチプロジェクト」などを主宰してきた。 現在では会社員の傍ら、活動フィールドである青森市を定期的に訪れ、活動のアドバイスを行っている。 青森県庁「活力と魅力あふれる東青地域づくり検討会議新幹線全線開業賑わい部会」委員、藤沢市社会教育指導員などを歴任。現在、内閣府「子供・若者育成支援推進のための有識者会議」構成員。

理事
久保田 圭祐 /Keisuke Kubota

 
 

監事
深野 裕士 / Hiroshi Fukano